読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうは言っても〜私的所見〜

備忘録的に。芸術のこと。ファッションのこと。生きること。愛すること。食べること。

一年前

ライブドアからこちらへ

なんとなく意味はない。最近よくみる方がこちらブログの利用者が多いので。

 

果たして今年。ずっとずっと、大阪で働きたいって思っていたのだが。。

ま、今も変わらずなのですが、結局のところ、ただ大阪で働いても、関わりを多く持ちたい方々と交流がないのだとしたら、大阪に行ってもなんの意味もないんだと。

 

そんなこんな考えており、今は東京で結婚してしまおうという暴挙なことを思っている。なんとかそうしたい。

週末からの連休がひとつの勝負となるわけですが。

 

さて一年前です。

二泊三日で東京に行きました。本州に行くのは三年ぶりくらいで、ちょっと久しぶりなかんじがした。お天気にも恵まれて、美術館めぐり。楽しかったなー。

でも、ひとりぼっちだったわ。。。

そのときのこと考えたら、今の自分がこんな心境になっているなんてとうてい想像もできないわけです。一年たったら、心境も状況もまったく変わってしまう。外側からみたら私なんてなーんにも変わっていないのだけれど、気持ちはまったく違うのです。

 

今、心の中にいる人は、今度東京で会って、家にも泊まらせてもらう人ではありません。

この人が、自分の気持ちの中でこんなにも大きくなるなんて、想像もしなかった。

ほんとねー。罪深い人。去年の京都旅行前と、京都旅行後。なんというか。。

気持ちがたかぶったり、落ち込んだり。いろいろと妄想して楽しかった日々。私一人だけ。

一番会いたくて、話がしたくて、一緒にいたい人だけど、いかんせん、相手がそう思っていない。結婚しているってきちんと言って欲しいし、なんなんのか。

私は、なんか手に入りそうだったのに、ちょっとした状況が邪魔してとか思っているけど、そもそも自分のものになんてなりそうな人でもなかったわけだし、自分の独りよがりっていうのはわかる。

 

でもねー、趣味といい、容姿といい、もう好みなんだよな。

ああああ、そういうのってなんで一緒になれないのか。一緒になれないなら、いっそ関わり合いも持たないほうが良かった。知らないほうが良かった。なんで、知ってしまったのか。

私は運命的なものを感じるけど、もしそれが本当なら、何歳になってもいつになっても一緒になれるわけだから、今は手放そうと思う。

これはこれで考えるけど、私は今、現実を見つめて、別の人と結婚しようと本気で思っている。